「Cカード」ダイビングライセンス取得の方法、費用、期間はどのくらい?

こんにちは。
オーシャンライフです!

「本格的にダイビングを始めたい!」

そう考えた時に、まず必要となるのが「Cカード」と呼ばれるライセンスです。

車を運転する時って、免許が必要ですよね。
ダイビングも同じで、本格的にダイビングを行おうとすると、各指導団体が発行する免許(ライセンス)が必要になります。
それが、Cカードと呼ばれるライセンス。

今回は本格的にダイビングをするときに必須のCカードについて、解説していきますね。

Cカードを取得するメリット

「Cカードがないと、ダイビングってできないの?」

この疑問の答えは「NO」です。
体験ダイビングなどを利用すれば、Cカードを持っていないくてもダイビングは楽しめます。

しかし、Cカードを取得していないと、さまざまな制限を受けてしまうのも事実。
実際、テレビなどで紹介される有名なダイビングスポットは、Cカードを持っていないと行けないような場所ばかりなのです。
そのため、「本格的にダイビングを楽しみたい!」と考えるのなら、やはりCカードは必須のライセンスと言えます。

Cカードを取得することで…

・体験ダイビングより深く潜れる様になる(18m〜30m。Cカードの種類により異なる)
・体験ダイビングより長く潜れる様になる。(体験ダイビングでは、長くて30分程度)
・潜れる場所が格段に増える
・インストラクターの同伴なしでも潜ることが可能になる

など、さまざまなメリットも。

「TVで紹介されたあのスポットに行ってみたい!」
「じっくり非日常の世界を楽しみたい!」

そんな時には、Cカードの取得がおすすめです!

Cカード取得のための費用・日数は?

ダイビングショップにより異なりますが、費用はだいたい4万円〜10万円ほど。
その中には講習費用、マニュアル代、プールや海での施設使用料、道具のレンタル料、ライセンス申請料が含まれます。

多くの場合は3〜4日ほどで終了するので、忙しい方でも取得しやすいのが魅力ですね。
ライセンスにはさまざまな種類がありますが、基本的に世界共通で使えるものが多いので、一度取得すれば、日本のみならず世界中の海でダイビングを楽しむことも可能です。

運転免許証とは違い、更新の必要もない点も大きな魅力ですね。

まずは試したい!そんな時には体験ダイビングもおすすめ

「ダイビングに興味があるけど、いきなりライセンスを取るのはハードルが高い…」

そんな方には、体験ダイビングもおすすめ!
経験豊富なインストラクターによる指導や、ダイビング道具の貸し出しなど。
初心者にも嬉しい様々なサポートが用意されているので、まずはそちらから試してみるのがいいでしょう。

体験ダイビングについては、こちらの記事でも解説しています。

ダイビング初心者必見!体験ダイビングの魅力

Cカードの講習は全国各地で実施されているので、気になる方はぜひ受講して見てくださいね。

recommend

おすすめ記事