ドライスーツとウェットスーツの違いとは?

こんにちは。
オーシャンライフです!

ダイビングスーツを買って調べた時。

「え!?ダイビングスーツって一種類じゃないの?」
「ウェットスーツとドライスーツの違いって何?」
「結局どっちを選べばいいの?」

と混乱した経験、ありませんか?

多くのダイビング初心者がぶつかる
「ウェットスーツとドライスーツの違いがわからない」問題。

そこで今回は、ウェットスーツ・ドライスーツの違いや、それぞれの特徴について解説していきます。

ウェットスーツとドライスーツの違いって?

さっそく、ウェットスーツとドライスーツの違いをお伝えしましょう!

ウェットスーツ:水を通すので体が濡れる。
ドライスーツ:水を通さず体が濡れない。

「ウェット(濡れた)」「ドライ(乾いた)」という名前の通り、体が水で濡れるかどうかで分類されます。

この「水を通すか通さないか」によって「浮力」と「保温性」に違いが出てくるのです。

水を通すウェットスーツは、「浮力」と「保温性」が低くなり、
水を通さないドライスーツは、「浮力」と「保温性」も高くなります。

ドライスーツはスーツと体の間に空気が入るので、水の中で浮きやすく、水の冷たさも感じにくくなるわけです。

ウェットスーツとドライスーツ、どっちがおすすめ?

「違いは分かったけど、結局どっちがおすすめなの?」

こう迷った時には、時期を基準に考えると良いでしょう。

具体的には…
ウェットスーツ:5月〜9月頃まで
ドライスーツ:10月〜4月頃まで

夏を中心に、暖かい時期に潜るならウェットスーツ。
水温が低い時期に潜るなら、ドライスーツと覚えておいてください。

また、ウェットスーツよりもドライスーツの方が値段が高くなる傾向があるので、予算と相談して決めるのもいいですね。

参考として「ダイビングをする時期」と「予算」を基準にするものおすすめですよ。

まとめ

ウェットスーツの特徴
・水を通す
・浮力と保温力は低め
・ドライスーツに比べて安価なものが多い
・5月〜9月頃までの暖かい時期向き

ドライスーツの特徴
・水を通さない
・浮力と保温力は高め
・ウェットスーツに比べて高価なものが多い
・10月〜4月頃までの寒い時期向き

2つの違いをしっかり理解して、自分にあったダイビングスーツを選んでくださいね!

recommend

おすすめ記事