ダイビングは危険?安全?よくある疑問にお答えします

こんにちは。
オーシャンライフです!

「ダイビングって危険じゃないの?」
「泳げないけど体験でできる?」
「目が悪いけど、コンタクトをつけていても大丈夫?」

スキューバダイビングには挑戦したいけど、不安なこともたくさんある…。
そんな方は多いかと思います。

そこで今回は、ダイビングに関するさまざまな疑問にお答えしていきます。

泳げなくてもダイビングはできる?

これはよくある質問ですね。
結論からお伝えすると、泳げなくてもダイビングを体験することは可能です!

むしろ、泳げない人にこそ、体験してもらいたいと思っています。
スキューバーダイビングでは、酸素ボンベのおかげで水中でも呼吸ができるため、わざわざ息継ぎをする必要がないからです。
また、専用のフィンを足につけているため、少ない力で前に進むことも可能。

泳げない人の多くが抱える
「息継ぎが苦手」
「頑張っても前に進まない」
と言ったお悩みをカバーしているということですね。

「極端に泳ぐのが苦手」「そもそも水が怖い」という方は、安全のためにも一度インストラクターに相談してくださいね。

目が悪いけど、コンタクトはつけていても大丈夫?

正直、コンタクトをつけたままでの潜水はおすすめできません。
ダイビング中は専用のゴーグルをつけるのですが、何かの拍子でコンタクトが外れてしまうことも。

その時にパニックになると危険なので、できればコンタクトをつけたままでのダイビングは控えた方がいいでしょう。

最近では度が入ったゴーグルもあるので、視力に不安がある方はそちらの使用も検討してみてください。
※体験ダイビングの場合は、ダイビングショップによって取り扱いがない場合があります。一度店舗に問い合わせてみてくださいね。

ダイビングでの危険は?サメに襲われない?

海って、未知の世界であるからこそ、危険性も気になりますよね。
基本的に、体験ダイビングではインストラクターの指示に従っていれば危険はほとんどありません。

危険だと思われがちなサメも、おとなしい性格の種類が多く、こちらが何かしない限りは襲われることも滅多にないでしょう。

ただ、ダイビングでは一切危険がないわけではありません。

・グループとはぐれ迷子になってしまう
・急浮上してしまい、減圧症になってしまう
・パニックを起こしてしまう
・体調不良を隠して、水中で悪化してしまう

この様な事例もあるのです。
とは言え、インストラクターの指示にしっかりと従っていれば避けられるものばかりなので、「ちょっとくらいなら大丈夫」などの自己判断はしないようにしましょう。

以上が、ダイビングでよくある疑問・質問です。
より安全に、快適にダイビングを楽しむためにも、ぜひ参考にしてくださいね。

recommend

おすすめ記事