初心者がダイビングを始めるための費用とは?何にいくらかかるの?

こんにちは。
オーシャンライフです!

「ダイビングをするには、いくらかかるの?」
「そもそも何にお金がかかるの?」

ダイビングを始めるとき。
やっぱり気になるのがダイビングのお金事情だと思います。

そこで今回は、ダイビング初心者さんが知っておくべき「ダイビングの費用」についてお話ししていきます。

ダイビングのリアルなお金事情

ダイビングでは必要な費用は、主に次の3つに分けられます。

・習うための費用
・買うための費用
・潜るための費用

それぞれ詳しく解説していきましょう。

習うための費用

「習う」とは、いわゆる講習を受けることです。
本格的にダイビングを始めるためには「Cカード」と呼ばれるライセンスが必要なので、その取得費用と考えればいいですね。

講座の受講費の他にも、教材費、実習で使う施設の利用費、交通費、道具のレンタル費、宿泊費(海で実習する場合)などもかかってきます。

どこで実習を行うかで大きく変わりますが、予算の目安としては6~10 万円と考えるといいでしょう。

買うための費用

ダイビングを始めるためには、当然専用の道具が必要ですよね。
もし、レンタルではなく自分で買い揃えたいのなら、それ相応の費用がかかります。

必要な予算については、「どのくらい揃えるのか?」によって変わります。
ゴーグルなどの軽機材だけなら、だいたい2〜4万円ほど。
ウェットスーツも自分で揃えようと思えば、6万円〜12万円は必要です。
重機材を含めたフルセットを揃えるなら、30万円以上はかかると思うといいでしょう。

最初のうちは、全て一気に揃えるのではなく「必要と感じたら買う」程度に考えておくのもいいですね。

潜るための費用

Cカードを取得し、道具も揃えたら、さっそく潜りにいきましょう!

ここ必要な費用が

・交通費
・宿泊費
・食事代
・潜るための費用

です。
ダイビングショップによって「潜るための費用」は変わりますが、施設使用料、ガイド料、タンク代、ウエイト代などが含まれています。
1日2ビーチダイブの場合は1万円くらい。
ボートダイブの場合は、1万2000円~1万5000円くらいと考えるといいでしょう。

以上が、本格的にダイビングを始めるために必要な費用です。
まとめると…。

・ライセンスの取得代:6〜10 万円
・ダイビングの道具代:最低2万円〜、フルセットを揃えると30万円以上
・潜りに行くための費用:ショップにより、1万円〜1万5000円程度

と言った感じですね。

自分のお財布と相談して、無理のない範囲でダイビングを楽しんでくださいね!

recommend

おすすめ記事